コーディング代行で重視すべきユーザー目線の考え方

コーディング代行を業務委託する際にはコストバランスはもちろんのこと、「ユーザー目線」というキーワードを強く意識したうえで全体の仕様をイメージする必要があります。たとえば、どんなにファッショナブルで機能を詰め込んだウェブサイトでも、アクセスするエンドユーザーにとって見やすく、使いやすいものでなければまったく意味がありません。ビジネス戦略に長けた企業は必ずこの「ユーザー目線」をコンセプトの主軸に据え、マーケティングからウェブサイトによる販促チャネルまでをひとつづきとしてとらえ、ユーザビリティの高いウェブシステムの構築に力を注いでいます。

ここで重要なのは、あえてメインターゲットを絞り込むことも戦略のひとつである、ということです。ごく簡単な例では、若者をおもな購買層としたファストファッションの通販サイトの場合、高齢者向けにシステムをカスタマイズするよりも若年層にとっての使いやすさにポイントを絞り、あえておしゃれなレイアウトにしたり、説明用のキャプションを最小限におさえるほうがアクセス数がのびるケースがあります。

ユーザー目線はケースバイケースで変化します。業態とメインターゲットの関連性を把握し、エンドユーザーにとって使いやすいウェブシステムを意識したうえでコーディング代行を依頼しましょう。