業務効率化のために知っておきたいコーディング代行の委託プロセス

業務効率化のために知っておきたいコーディング代行の委託プロセス 実際の現場において、コーディングは企業側とクライアントとの契約によって業務が進められていきます。しかし新規の事業拡大や既存システムの管理保守などで大規模なプログラムの修正が必要になった場合、企業では自社のリソース不足分を補うため、企業側がコーディング代行のホームページなどに設置されている問い合わせフォームなどから依頼をする流れになっています。

受託業者の方は依頼を受けた段階で自社で抱えている専属エンジニアに案件情報を流し、基準を満たしたエンジニアに業務を割り振り、クライアントとの仲介を果たします。特に国内のエンジニアと提携しているコーディング代行業者は安心でスピーディーな作業を期待でき、コストを抑えることもできるのでおすすめです。

受託業者は求人によってエンジニアが集まり、仕様書への同意がとれたら、次はコーディングについての具体的な打ち合わせに入り、この段階で生じたシステム上の変更点についてもエンジニア側に逐一伝え、了解を取り付けておく必要があります。

コーディング代行において最も避けるべきはニーズのミスマッチであり、トラブルが起きないうちから定期的に連絡を取り合うことで両者の認識のずれを減らすことができます。

最新ニュース